いっしょのちがうもの【絵本】

作:さるびあ亭かーこ
絵:エイイチ
監修:武内 澄子(食物アレルギーの子を持つ親の会 代表)
出版社:絵本塾出版
定価:1,300円+税


たべられないなんて、かわいそう。
友達の言葉に、主人公アレックは家に帰って涙します。「ぼくって、そんなにかわいそう?」
食べないようにして自分の体を守っているアレックが、お母さんの愛情で自信を取り戻し、周囲の理解を得ていくお話。特定原材料を使わないレシピ付き、充実の1作。


== 刊行に寄せて<抜粋> ==
「いっしょのちがうもの」の絵本には、食物アレルギーの子どもがみんなと違う物を食べる理由が、幼児にもわかるように書かれています。そして、アレルゲンを食べない努力をしている子どもに対して、言ってはいけない言葉があることや、食べても大丈夫な物は本人や家族に直接聞けばよいことを教えてくれています。(中略)この絵本が食物アレルギーに対する理解を深め、食物アレルギーを持っている親子とそうでない親子が、ともに生きるための一助となれば幸いです。(武内澄子・食物アレルギーの子と持つ親の会代表)


 

PAGE TOP